【写真展】「変わる廃墟VS行ける工場夜景展」は要で急だから当然行かなきゃでしょ?

【写真展】「変わる廃墟VS行ける工場夜景展」は要で急だから当然行かなきゃでしょ?

ハアアアアッ!!

来たよ!一緒に!盆と正月がアアアッ!!

廃墟と工場がァァ写真展をオオオッッ!!

廃墟と工場、この2つが出会うとサードインパクトが起きるってお母さんあれだけ口酸っぱく言ってたのに…

殺す気がぁッ!! 死ぬお!! 萌え死ぬうううう!!

※今回はいつもよりテンション高めでお送りします。

基本情報

廃墟とォォ!工場のォォ!めちゃカッコEィィ!写真がァァ!200点以上もォォ!展示されているゥゥ!!!いろんな写真家さんのォォ!合同展だのだぁあ!!

東京と名古屋のTODAYS GALLERY STUDIO.でェェで開催ィィ!!

東京は 1/11(金)まで!!

名古屋は 1/16(土)~2/14(バレンタイン)まで!!

入場料600円!!

安いィィ!!

そしてェェ!!

撮影OK!!

SNSアップOK!!

神か?神様か!?降臨かァァ!!

アクセスとかァァ!詳しくはァァ!

こっちだこっち!!

 

でもォやっぱ東京のォォMAPだけ出しとくよィィ!!

総武線浅草橋駅から徒歩7分ンンン!!

心の中ではいくら叫んでもOKェェ!! 会場では静かにィィ!! 

心の飛沫にィxxxxっぃ疫病退散!!急急如意令!!

 

お気に廃墟

萌え死ぬゥ前にィィ撮影したものをアゲておくゥゥ!!ヒャッホーーーーイ!!当然会場で見る方がァァ1000倍キレイなんでぇぇ!

全集中!廃墟の呼吸、壱の型「廃墟」!

※写真は全部クリックで拡大しますますます!

うわああああ!問答無用でカッコういいいイイ!!!!
何か恐竜が海に浮かぶ恐竜みたいィィで!
渋い!カッコイイ!これだけでトラウマ映画1本撮れそうDADA!!
凄いいい!!植物と廃墟のコラボレーション中のコラボレーションすぎ!!
合うよ!合いまくるよ!廃墟と水の相性と言ったら、鬼殺隊に日輪刀!!死神に斬魄刀!!マジ卍解ィィ!!!
あばばばば!!雰囲気ありすぎ山脈!!アパホテルカレーー!!
ワッショイ!ワッショイ!カッコ良すぎて死ぬ死ぬ祭りだ!ワッセローーイ!!
なんぞ!?このエヴァンゲリオン感!!何かの扉が開いてるぅゥゥ!!

※廃墟探索には安全靴がおすすめです。ホントに。

Advertisement

お気に工場

(;´Д`)ハァハァ

(;´Д`)ハァハァ

(;´Д`)ハァハァ  逝くかも…

この密度!!何てもん作ってるんですか人間!!中で絶対未知な何かが錬成されているゥ!!
もう美しくて泣きそう…むせび泣きそう…あ、泣く…あ…あ…
ちなみに各写真には、実際にどこで見れるか場所がわかるQRコードが設置してあるので、気に入った場所があったら行って見るよろし
このように同じ場所を違う写真家が撮っていることもあり、違いが楽しめますぅ!楽しめますぅ!
いやこの魔都感!絶対CGでしょ!スケール感オカシイもん!
これはもうね、インダストリアル曼荼羅ですよ。宇宙の真理が絶対ここにあるって!
合うとよ!合いまくっとよ!水と工場はっ!その相性といったら鬼殺隊に日輪刀!!死神に斬魄刀のごつばい!!マジ卍解ィィ!!!
ちょっと古いけどファイナルファンタジーⅦ感120%。右手に見えるのが伍番魔晄炉らしいです。
写真展で萌え死ぬ事案発生不可避案件!

(;´Д`)ハァハァ

ヨコ位置廃墟、タテ位置工場、水没廃墟、工場夜景、廃墟夜景、逆さ工場、下段右回し廃墟、左肘工場打ち、工場裏、後ろ回し廃墟…

煉獄!

まとめ

産業革命以前、芸術のモチーフは人を含む自然物しかありませんでした。自然物、その存在は普遍的でありながらも死と再生を繰り変えして、絶えず美しい瞬間を永続的に紡ぐものなのです。対して人工物は建造された瞬間から朽ちていく運命にあり、一番キレイだった状態へは不可逆。ところが人は、時を重ねた建造物の方が得てして美を感じさせることを本能的に知っています。これは自然物にはない第三の美の概念(自然物は死によって分解され形は残らないが人工物は死後も形が残りやすい)であり、時間の積層に価値を感じているからなのです。その理由は、動物として種の継続性(実績)の再認識と未来への安定的な繁栄への期待が内在する的なごにょごにょ…

とか、つべこべ言ってないで

おいきなさい!

 

おしまい

 

ちなみにこの映画がおススメです。

ニコラウス・ゲイルハイター監督 人類遺産

ネタバレ→人が1回も出てこない

登場人物=0人/映画『人類遺産』予告編

 

ちなみに同じギャラリーでの、1年前の廃墟展レポートです。