【エッセイ集】お尻も視野もバーーンと広がる一冊。「ぐろぐろ」│松沢呉一/ロフトブックス→ちくま文庫

【エッセイ集】お尻も視野もバーーンと広がる一冊。「ぐろぐろ」│松沢呉一/ロフトブックス→ちくま文庫

 

前置き

漫画やグロ画像でトラウマることはよくありますが、活字だとなかなかそうはなりませんよね。

活字の場合は、図形としての文字を認識した後、その意味を理解し、経験値に基づくビジュアルを脳内で構築してシーンを想像するという認知のステップを踏みます。なので、直接そういうビジュアルを目で見るのと比べて、ショックが少ないのと、経験値が乏しいとリアルなシーンが構築できず、ビジュアルを想像してもショックに感じなかったりするわけなのです

活字は、そもそも見る側が文字を読めなければいけないし、漢字や言葉の意味を知っていないと内容の理解ができません。そんなハードルもあり、活字は、読み手をトラウマらせるには不利な表現手法なのです。

 

「腐乱死体」

↑この文字だけ見て「ギャーっ!怖ーーいっ!」ってなる人は少ないと思います。でも、実際の腐乱死体の写真を見たら「ギャーっ!怖ーーいっ!」ってなって、ブラウザ(パソコン)をすぐ閉じて、猫の写真集見て必死に忘れようとするでしょう。

前置き長くなりましたが、それだけ不利な活字表現でも、【心に強い衝撃を与える作品】それが「ぐろぐろです。とにかく破壊力バツグンです。人によっては吐いちゃうかもしれませんのでご了承ください。

 

 

「ぐろぐろ」松沢呉一

 

もうですね、「のどぐろ」とか「石黒」とか聞くたびに、この本を連想するほど大好きな一冊なのですよ。

( *´艸`)

 

●著者:松沢呉一

●1998年初版第1刷発行/ロフトブックス(星雲社)→2003年筑摩書房発行に

●ヘヴィメタル雑誌「BURRN!」で、1993年12月号より連載されていたエッセイ「アナルは負けず嫌い」をまとめ改題したもの 

 

著者の「松沢呉一(まつざわくれいち)」さん、BURRN!のこの連載で初めて知りました。当時は「エロライター」という肩書でしたが、今は違うそう。とにかくユニークで多彩な着眼点で、そのテーマの本質を探りぬく”探究者”だと思います。

 

松沢呉一

1958年生。早稲田大学法学部卒。コラムニスト、編集者、フリーライター、古本蒐集家。会社員として音楽や放送、宣伝関係の仕事に携わるなどしてから、何でもこなせるフリーライターへ。活躍ジャンルは幅広い。ここ最近は社会問題、政治、宗教などにまでテーマを広げて活躍中。性風俗関連の著作は特に膨大。

『ぐろぐろ』(ちくま文庫)『風俗ゼミナール (女の子編)』(ポット出版)『クズが世界を豊かにする─YouTubeから見るインターネット論』(ポット出版)『エロ街道をゆく―横丁の性科学』(ちくま文庫)『えろえろ』(ポット出版)『松沢堂の冒険 鬼と蠅叩き』(翔泳社)『エロスの原風景 江戸時代~昭和50年代後半のエロ出版史』(ポット出版)等、著作多数。

引用:松沢呉一のビバノンライフ

 

■松沢呉一のビバノンライフ(WEBマガジン)

 

 

で、このコラムが連載されていた「BURRN!(バーン)」は、有名な月刊ヘヴィメタル雑誌。好きなアーティストが特集されている時と毎年1月号(シールなどの付録が付く)を買っていたのですが、立ち読みでこのエッセイを見た時に衝撃が走りました!

「BURRN!はじまったな!」

と。

 

コラム内容はヘヴィメタルとほぼ関係がありません。連載1回目の記事に書かれていますが、「どういう連載にするかこれを書いている時点で決まっていない」というのも衝撃でした。

 

そしてタイトルが秀逸すぎます。

「アナルは負けず嫌い」

 

「何?どゆこと?」と、絶対見過ごすことのできないタイトルです。このタイトルで本屋に並んでいたら【売れるかどうかは別にして最も手に取られた本のタイトル大賞】を受賞するでしょう。

 

この言葉は、松沢さんがSM雑誌「S&Mスナイパー」の編集長から教えてもらったフレーズで、座右の銘とのこと。どういうことかと言うと………世の中には「アナル・マニア」という肛門に異物を入れる事を好む人たちがおり、あることで競い合っている。なぜかMジャンルの中でもアナル・マニアの人たちは、競争心が強く負けず嫌いである。そこからいかに多くのことを学んだかが、連載1回目にまとめられています。

 

で、この連載1回目が発表されたあと、奇跡が起きます。

 

このコラムを読んだ女性読者から、BURRN!編集部へ抗議の文書が送られてきたのです。「どうしてメタル雑誌で、こんな連載をやるのか。もし子供が見たらどうするのか」と。松沢さんは、この読者を不快にさせてしまったことを申し訳なく思い、連載3回目で謝罪と反省文を書きます。そこから以降、そんな読者が不快に思うかもしれない事項を毎回とりあげ、「二度とそういうことは書かない」と宣言する【謝罪コラム】として連載の方向性が定まったのです。(笑)

 

 

目を背けられた側にだって世界がある

ま~ありとあらゆる不快なモノ・テーマが取り上げられていますが、何を不快と思うか不快と思わないかは人によって違いがあります。松沢さんもゴキブリは平気だがクモが苦手とのこと。私はどっちも苦手。

それでも連載1回目の抗議読者に対して「このテーマもあの方は不快に思うかもしれない」と、執拗にそして丁寧に尽きることなく不快テーマを取り上げ続けていきます。その姿勢に頭が下がります。

この不快テーマは2つに分類できるのではないかと考えます。

1.知ってはいるが目を背けていたテーマ

2.知らなかった世界

どちらも大事ですね。1はウンコとかゴキブリとか。普段目を背けるものですが、どれも世界を構成する需要な要素の一つで、ないことにはできません。不快だからと目を閉じずに、これを機会にきちんと向き合ってみましょう。「どういう部分が不快なのか」をきちんと自身で言語化できたら、もしかしたら不快だったものが不快でなくなるかもしれません。

松沢さんは不快なモノに対して「二度と書かない」「世に出さない」という姿勢で、対処療法的な手段を取ろうと言ってはいますが、実は改めて向き合うことにより不快と思わなくなる、原因療法的効果を狙っているのだと考えます。優しさにあふれていますね。

 

2は、「こんな考え方の人もいる」というスーパーマイノリティの話です。(例えば女性のゲロに性的興奮を感じる人の話だとか)もうこれは単純に勉強になり、視野がバーーン!と広がります。「視点取得」の記事でも書きましたが、「こんな人もいるんだ」というパターンを多くインプットしておくことで、視点取得が捗り無駄な衝突が避けられ、相手の気持ちを理解できる懐の深い人になることができるでしょう。

 

最近世間では「ダイバーシティ、ダイバーシティ」言うとりますけどもね、ワイから言わせてもらうとまだまだやねん。お役所さんは、この「ぐろぐろ」を読んで、もっと勉強したらよろし。

イー・ウーマン社長の佐々木かおりさんがええこと言うてはるで。

 

 

妄想話と読者双方向による親近感

 

このコラムが人を惹きつけているポイントがあと2つあるのかなと思います。

 

ただ不快な事象を並べるだけでなく、ちょいちょいはさまるテーマから発想されるユニークな【妄想話】がとても良いスパイスとなっています。本人は「くだらない」と評していますが、ココがとーーっても面白いです。

●文部省推薦児童図書『アベルは負けず嫌い』

●『セックス見物屋』

この2つが大好きです。詳しくは書籍でご確認を。

 

もう一つは、読者から「こんなテーマを取り上げてほしい」とか「こんな不快体験がありました」みたいな投稿があり、それを記事にしていく回などがあります。そもそもこのエッセイが、連載1回目抗議読者への謝罪であることなど、とても読者を大事にしています。読者と一緒になって、双方向でこのコーナーを作り上げていくという親近感・一体感を感じ取ることができ、「不快にさせてやろう」という悪意で書かれたものではない、ということがわかります。

※あくまでも個人の感想です。

また、一般の人が知らない事について「こんなこと知らないだろう?」というような知識をひけらかす感もまったくなく、子供が読んでも読みやすい・わかりやすい文体となっています。

 

あと、思い出不快じゃなくて思い出深いテーマの一つに【身体改造】があります。「殺し屋1」の記事でも触れましたが、ケロッピー前田さん(記事内では前田亮一氏)から聞いた、サブインシジョンやトレパネーションの話が出てきます。もう改造って域をはるかに突き抜けてますが、自分の手首切り落としちゃう人の話は衝撃です

もしかしたら垣原組長は、BURRN!読者だったかもしれませんね。ここで法則発見…

「ウマコンどうしは引かれあう」

 

 

まとめ

 

この本を読むと、まあ当然なのですが「世の中知らない事の方が多すぎる」ということを思い知らされます。「子供に見せて良いか」と問われれば、ちょっと躊躇してしまいますが、中学生くらいであればぜんぜん良いのではないでしょうか。ぐっと、じゃなくてバーーン!と視野が広がって、将来、独創的な発想力で日本のコンテンツ産業を牽引する立派な大人になるかもですよ、お母さん

 

「ぐろぐろ」は、快と不快の境界線という難しいテーマに切り込み、それまで見ないようにしてきたことを否が応でも直視させられます。そのことで、ぼんやり生きてきた自身の価値観軸を再確認することができ、「明日からまた頑張って生きていこう」と前向きになれるグロ良書です。

 

■トラウマポイント

・性的なワードや話が多発します

・人によっては全部ダメ

・なんか最近トラウマに出会えてないないなぁ、なんてお悩みのあなたに朗報! 豊富なラインナップからきっとあなたにぴったりのトラウマが見つかります!

・【ウンゲロ譚】という回がある。殺し屋1を読みながら平気でメシ食える自分が、その回を読んだ時は、1回本を閉じて深呼吸をする程のアレ。

 

 

これの続編「糞尿タン /青林堂/松沢呉一も、引き続き面白いのですが、重版されてないようですね。もっとみんなこういうの読んで視野を広げたらいいのにぃ!!

 

※この記事のタイトルに「お尻も視野もバーーンと広がる一冊。~」と書きましたが、この本を読んだだけでお尻は広がりませんので、ご安心ください。「広げてみたくなった!」と思う方はいらっしゃるかもしれません。

 

Advertisement

 

書店業の画期的な生き残り施策事例

 

現在の「ぐろぐろ」は、ちくま文庫として出ていますが、もとは「ロフトブックス(星雲社)」さんから出版されていました。で、これについて、筑摩書房さんが「ぐろぐろを再版したい!」って言ったのではなく、「さわや書店」さんという岩手県の書店が増刷話を持ちかけたらしいです。

 

700冊買い取ることAmazonでは売らないことなど異例な条件とともに、画期的な増刷は行われました。今では違いますが、その増刷当時、さわや書店さんとその他いくつかの書店さんでしかこの「ぐろぐろ」は買えなかったのです。

 

【書店側が身銭を切って埋もれた良作の出版を依頼する】これが画期的です。「書店としてAmazonに対抗するには、Amazonにない商品を置く」……こんなムリゲーに一筋の光明が差す一手ではないでしょうか。

詳しくはこちら↓

増刷された『ぐろぐろ』について – 松沢呉一トークライブ@盛岡2014

ちな動く松沢さんもカッコイイのですが、手前でトークを聞いている、背中からチラとイカした刺青が覗く女性の美しいうなじも気になります。

( *´艸`)

 

 


ぐろぐろ

ちなみにトップ画像(↑これ)は、フリー写真素材ぱくたそさんからの画像を加工したものです。かわいい女の子は[ モデル 河村友歌(かわむらゆか) ]さんという方で、今回紹介した「ぐろぐろ」の内容と一切関係はありません。

この本が「筑摩書房」さんで重版される前、「ロフトブックス(星雲社)」さん発行時の単行本を持っているのですが、その時の表紙が漫画家の喜国雅彦さんのイラストで、女子高生がソフトクリームをなめているという、かわいい感じの装丁でした。それをイメージしてのトップ画像です。

そのロフトブックス版の単行本は、タイトルもすごく小さめに配置されていて、まさかこんな内容の本とは思えない装丁デザインなのです。でもね、でもね、帯が…帯が…

 

本書は、ヘヴィメタル雑誌「BURRN!」に連載中の

「アナルは負けず嫌い」

をまとめ、世間体を考えて改題したものです。

 

…ってね、タイトルより大きい字で書いてあるんですよ!

。・゜・(/Д`)・゜・。

 

エロ本をレジに持っていくような、なんとも言えない気分になりましたが、それも良い思い出です。

(*´▽`*)

 

 

「どうしたの?眠れないの?じゃあお母さんが【ぐろぐろ】読んであげるわね。」


※本当のトラウマで苦しまれている方々を軽視したり、蔑ろにするような意図は一切ありません。